イメージソング
「未来がここに…」

作詞・作曲・歌/西浦達雄

アーティスト メッセージ

我が家を持つというのは、人生で大きな出来事です。家族が待ち望んで建てた家は10年経ち20年経ち想い出が家の隅々にまで広がって、やがて家そのものが想い出になり、その家は家族を見守る親のような存在になっていきます。
今回作曲させて頂いた「未来がここに(皆が集まる場所)」は、結婚をし、家を建て、息子や娘が旅立っていくまでの人生に思いをはせる夫婦を描いています。辛い事も苦しい事も、家族みんながこの家で泣いたり笑ったりして乗り越えてきた。住み慣れ親しんできた家は何気ない日々の中で、忘れていた優しさや探していたもの(愛)を思い出させてくれる。家にはそんな見えない不思議な力がある。旅立った息子や娘も家に帰ってくると、きっと自分達と同じ思いになってくれる。私達はそんな家に住みたかったんだ…。と、歌っています。
この歌がアイ工務店さんと共に家をお建てになる方々にとって幸せを運ぶ歌になってくれることを心から願っています。

西浦達雄 プロフィール

大阪市出身のシンガーソングライター。1987年より、朝日放送全国高校野球選手権大会中継のエンディングテーマを、2014年まで28年間担当。「高校野球ソングのカリスマ」とも呼ばれ、関西圏を中心に、多くの球児や、野球関係者の支持を得る。また、2000年より、「高校・中学校軽音楽系クラブコンテスト We are Sneaker Ages」にゲスト出演。野球だけでなく、軽音楽系クラブに打ち込む若者にもエールを送っている。大阪音楽大学短期大学部の非常勤講師・放送 芸術学院専門学校の講師としての経験も生かし、後進の指導にも力を注いでいる。

楽譜