WOODENhouse

木の強さと優しさを生かし
高耐震・高耐久を追求して
長寿命なマイホームを
実現した
アイ工務店の木造住宅

高温多湿、寒暖差の激しい日本の気候・風土には木造住宅が適しています。
しかし、これまでの住宅は耐震性・耐久性が低く、長寿命とはいえない造りがほとんどでした。

アイ工務店では、木の持つ強さや優しさを生かし、弱点であった耐震性・耐久性を補うため、精密加工によるプレカットを行い、乾燥した状態を長く保つことで、経年変化を抑え長期間の強度維持を実現した、高強度・高耐久なJAS認定の無垢材・集成材を採用。
木の特徴を理解し、弱点を克服したアイ工務店の木の家が、安心安全で長寿命なマイホームをご提案いたします。

アイの木の家、
6つのポイント

高い耐久性

高い耐久性

一般的に木は「火に弱い素材」だと思われがちですが、実際に燃焼実験を行うと、木は鉄等よりも強度低下が遅いという結果が出ています。
木はある程度以上の厚みがある場合、燃やしても表面が焦げて炭化層を形成するため、内部まで燃焼しにくくなります。火災時には、強度も鉄に比べて低下しにくいので、結果的に構造体も残りやすくなります。

調湿効果

調湿効果

木は製材後も調湿作用があります。
湿度が高いときは湿気を吸収し、周囲が乾燥すると適度な水分を放出して、室内の湿度調整をしてくれます。
また「フィトンチッド」という天然木の香り成分は、さわやかな心地よさを感じさせる森林浴効果があるとして注目されています。

コンクリート、
鉄に負けない強度

コンクリート、鉄に負けない強度

引っ張り強度を比較すると、木は鉄の4倍、コンクリートの約200倍もの強度を誇ります。
また、コンクリートや鉄の強度は経年変化とともに低下しますが、木は充分に乾燥した状態を保つことで大変長持ちします。
世界最古の木造建築・法隆寺が現存しているのも木の強さの証明ですね。

優れた断熱性

優れた断熱性

木は内部に熱を伝えにくい上、空気を多く含んでいるので、コンクリートや鉄と比べて断熱性に優れています。
鍋の取っ手に木材が使用されているように、木は熱伝導率が大変低く、屋外の温度に影響されにくいため、夏は涼しく、冬は暖かい住まいが実現できるのです。

ミリ単位のプレカット加工

ミリ単位のプレカット加工

コンピュータ制御により、ミリ単位の精密な加工を実現するプレカット加工。
充分に乾燥され、品質が一定で反りやねじれの少ないJAS認定材に施すことで、プレカット加工後も変化が少ない、安定した品質の施工を実現しました。

JAS認定材を採用

JAS認定材を採用

従来の木材では含水率が高かったり、反りやねじれ等による経年劣化が起こるなど、品質のバラつきが弱点でした。そこで、木を十分に乾燥させ、反りやねじれが少なく、常に一定の強度・性能を長期間に渡り発揮させる「JAS認定の無垢材・集成材」を採用。含水率が低いため、腐朽菌やシロアリにも強く、高い耐久性も実現しています。